Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /var/www/home/advance-net.co.jp/html/content/wp-includes/theme.php on line 623
データ入稿について | オンデマンド印刷ならADVANCE | アドヴァンス
ADVANCEアドヴァンス
印刷サービス

データ作成イメージ

Submission of a manuscript data

データ入稿に際してのご注意

印刷用のデータを作成される際、当社では以下の点をご確認くださいませ。

お客様の作成されたデータを出力する際、アプリケーションのバージョンの違いやフォントの問題により仕上がりがお客様の御要望通りにならない場合(文字くずれ、出力の色等)があります。そういった事故を防ぐため、当社ではデータ作成をされる際のいくつかの注意点を上げさせていただきます。

■Quark XPress [ MAC ]

CIDフォントを使用しPDF化して出力します。OCFフォントをご利用の場合は、文字くずれなどが起きます。
貼り付ける画像はCMYK及びグレースケール・モノクロ二階調に変換して、EPS形式で保存して、ご一緒にお持ちください。RGB・特色(DIC等)の色は再現されません。

■Illustrator [ MAC・WIN ]

文字は全てアウトライン化してください。
CMYKモードで作成してください。
貼り付ける画像はCMYK及びグレースケール・モノクロ二階調に変換して、EPS形式で保存して、ご一緒にお持ちください。RGB・特色(DIC等)の色は再現されません。

■Microsoft Office ( Word・Excel・PowerPoint )  [ MAC・WIN ]

塗りの設定の「半透明にする」を使用すると、出力時に文字などが塗りつぶされるなどのエラーが起きることがありますので、あらかじめ色の設定で薄い色をご使用ください。「ワードアート」という文字に変化をつける機能、文字を太くする「ボールド」の設定を使用するとエラーが起きたり、きれいに出力できない場合がありますので、直接ご希望の形のフォントをご利用ください。
ページの外までの塗り足しをされる場合は、あらかじめ用紙設定でご希望サイズより天地左右3mm以上ずつ大きいサイズで作成してください。(A4の場合216mm×303mm以上)
RGBデータのため、画面上のイメージと出力とで色味が変わります。
PowerPointの場合、印刷時に「用紙に合わせる」という設定を使用した場合としない場合で、同じ用紙サイズ出力してもデータの大きさが変わってしまいます。サイズの確認とレイアウトのくずれなどの確認のため必ず出力見本をご一緒にお持ちください。
AdobeAcrobatをお持ちの場合は、PDFファイルに変換しフォントをエンベット(埋め込み)していただくことをおすすめします。
WindowsのTrueTypeフォントは名前が同じでもバージョンが違うと文字化けを起こす可能性があります。

■Acrobat [ MAC・WIN ]

ジョブオプションを「Press」に設定してください。
PDFのバージョンは1.3(Acrobat4.0互換)で作成してください。
フォントタグにて「すべてのフォントを埋め込む」「サブセットの全フォントに対する割合:100%」にチェックをし、全てのフォントをエンベット(埋め込み)をしてください。
Postscriptオプションの「印刷方法」をPostscript3または2に設定してください。
解像度を「1200dpi」に設定してください。

 

上記記載の注意点をご協力していただいた場合でも文字くずれなどのエラーが起きる場合がありますので、
出来るだけデータと一緒に出力紙をお持ちいただけるよう、お願い致します。
不明な点は担当営業にお問い合せ下さい。

 

●印刷・デザイン制作に関わることならなんでもお気軽にご相談ください。

arrow

≫インターネットでのお問い合わせ・お見積りはこちら

●お電話でのお問い合わせはこちら
phone